スマートなビジネスのための特商法

不景気な時代など、会社組織で働くのが大変になってきた場合などは、ネットビジネスや副業などで起業したいものです。
そんな時に大切なのが、特商法です。特商法は、ややこしい法律を理解しないといけないと頭を抱えがちですが、意外とシンプルなものです。
一度、形を作ってしまえばコピーで何度も使えますので、かなり楽なものです。
また、経営者を苦しめるイメージを持たれているかもしれませんが、経営者をクレーマーから守ってくれる頼もしい存在なのです。

クレームというと、ネット通販で商品を購入したが、傷があるというものが代表的です。本当に傷があるのでしたら返品しなければなりませんが、お客様がつけたのか、本当に傷があったのかがわからないのが現状であり、このようなクレームが多発すると経営者としては、とても困ります。

このような場合は、特商法の返品特約を記載していれば、返品をしなくてよいのですから、とても助かります。お買い物をしようとしているお客様が、返品についての記載を読めるようにしておけば、クレーム対策にもなります。

返品についての記載例をあげますと、イメージと違うなどのお客様のご都合や、サイズや個数を間違えた事を理由に返品は出来ないというものです。
信じられないクレームをしてくる人が少なくありませんので、記載は必須です。また、商品を一度でも使用したら、売り物にならない商品もありますし、使いにくいなどの個人の感想なども受け付けないように記載しましょう。

さらに、納得して購入したはずなのに、価格が納得できないとか、家族が注文したのであって、自分が注文したのではないなど、暴言を吐かれてクレームの被害を受けないためにも、特商法を学び、自分を守りたいものです。

物品販売など、ファスナーがスムースではないと判断すべきか、それともしっかりしていると判断するのかジャッジに悩むものがあります。
素材の良い風味と判断すべきか、素材の歪みと判断すべきか悩む事などもあります。それらは信頼関係が無いのも原因の一つです。

ルールを明確にして、ルールをしっかり守っている事をアピールすれば、信頼関係を築く事が出来、良いリピーターになってもらえることでしょう。特商法は、売上アップにつながる良い法律です。

ネット販売の基本ルールを自然と習得する事にもつながり、安心して売買活動を利用できるようになります。ネットビジネスは、相手の顔が見えないためにいい加減な事をしてしまう経営者もいます。そのような事に対する抑止力にもなっています。