仮想通貨は税金がかかる?税金を気にする必要がない理由とは

仮想通貨の利益には税金がかかるのでしょうか?
そして、かかるとしたらいくらくらいかかるのでしょうか?
仮想通貨に税金の申告が必要なのかどうかという点と、税金を気にする必要がない理由を解説していきます。

まず、仮想通貨では、税金の申告は必要です。
正確に言うと、所得税の場合は人によるのですが、20万円以上の所得があった場合。そして、住民税の場合は20万以下の場合でもかかります。
そして、どれくらいかかるかは人によりますが、最高で半分くらい税金に持っていかれます。

「バレないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、仮想通貨の取引では、普通にバレやすいので、必ず申告はするようにしましょう。

…と言っても、それを聞くと、「じゃあ仮想通貨はやりたくない」と思うかもしれません。
しかし、それは本当に勿体ないです。

まず、皆さんが税金を申告したくない最大の理由は、「お金を払わなきゃいけない」というよりも、「面倒くさい」っていう印象があるのではないでしょうか?

しかしながら、最近は税金の申告はかなり簡単にできるようになってきています。
未だに大変なのは、様々な経費を計算しなきゃいけないリアルビジネスの方々であって、仮想通貨を副業でやるような方は、経費計上する物もそんなに多くないので、全然大変ではありません。
税金計算のためのツールも非常に沢山ありますし、マイナンバー制度によって、より一層申告が簡単になっています。

なので、確定申告が面倒だから仮想通貨をやらない。というのは非常に勿体ないので、ぜひやってみることをおすすめします。

そして、もう一つやりたくない要因として挙げられるのは、「確定申告をすると、会社にバレるのではないか」という心配があるからではないかなと思います。
しかしながら、こちらもほとんどの場合では心配はいりません。
多くの会社では、仮想通貨は「副業扱い」ではなく、「投資扱い」になります。
そのため、仮に仮想通貨の副業がバレたとしても、副業禁止規定に触れる事はないかと思います。
それでも副業扱いをしているような会社の場合は、「投資だと思ってやっていました」と言えば、なんとかなるかと思います。

そもそも、仮想通貨は、人生を変える可能性があるものです。
そんな税金程度の事で、人生を変えるチャンスを棒に振るのは、良くないと思います。